MyfxMarketsとPepperstoneのスプレッド比較

MyfxMarketsとPepperstoneのスプレッドをロンドン時間で比較しました。

Pepperstoneが日本在住日本人からの撤退(2014年12月31日まで)に伴って、代替ブローカーとして外為太郎が考えているのはニュージーランドにあるMyfxMarketsというブローカーです。

MyfxMarketsはスプレッドが狭いと評判ですが、確認の意味で乗り換えるにあたってライブ口座のスプレッドを比較してみました。

Pepperstoneのスプレッド

日本時間20:00

14110801.jpg

  • EURUSD 1.5Pips
  • GBPUSD 1.6Pips
  • USDJPY 1.6Pips
  • AUSUSD 1.5Pips
  • NZDUSD 1.6Pips

 

MyfxMarketsのスプレッド

日本時間20:00

14110802.jpg

  • EURUSD 1.3Pips
  • GBPUSD 1.8Pips
  • USDJPY 1.1Pips
  • AUSUSD 1.6Pips
  • NZDUSD 1.4Pips

スプレッド比較まとめ

まとめるとPepperstoneと比較して

EURSUD,USDJPYはスプレッドが狭く、GBPUSDはスプレッドが若干広くなる傾向にありました。

14110803.jpg

しかし、Pepperstoneをしのぐスプレッドを提供しているMyfxMarketsは十分にメインブローカになるいる存在と思われます。

あとはライブトレードを行って約定能力を確かめるには実弾投入しかないですが、試してみる価値は十分にあるでしょうね。




このページはMyfxMarkets,Pepperstone,スプレッドに関する記事を記載しています。

MyfxMarketsとPepperstoneのスプレッド比較の関連カテゴリ

MyfxMarketsPepperstone

このMyfxMarketsとPepperstoneのスプレッド比較を読んだ人はこんなページも読んでいます


外為太郎ライブ運用中ブローカーとEAたち

サイト管理人である外為太郎が実際に海外ブローカーでライブトレードしているFX業者(ブローカー) と自動売買プログラムEA(Expert Adviser)です。

完全自動売買なので、パソコンの前でチャートに張り付いてトレードする必要がありません。

海外FXブローカーでトレードごとに毎回キャッシュバックを貰い続ける

キャッシュバック業者経由でトレード口座を開設すると、海外FX(外国為替証拠金取引)業者では日本のFX(外国為替証拠金取引)業者にはない、トレードするごとに毎回スプレッドの一部を還元(リベート)してもらえます。

まずはキャッシュバック業者に登録(登録費用無料,維持費用無料)し、キャッシュバック業者経由で高いレバレッジで自動売買ができる海外ブローカー口座を開設してみましょう。

サイト管理人である外為太郎も海外FX業者は全てキャッシュバック業者経由で口座を開設し、毎月の取引高に応じてキャッシュバックリベートを貰っています。